ホーム > 企業情報 > 社長挨拶

社長挨拶 ・企業方針

社長挨拶

  当社は1941年に土木建設工事の会社として創業して以降、機械設備やプラント設備の設計・製造・設置工事、航空機胴体パネルの組立と事業の範囲を拡大して参り、今年80周年を迎えるに至ります。今後は、2019年に建設した20m×90mの新工場を活用して機械設備の組立・試運転の能力を強化するとともに、設計者や溶接技能者の育成に力を入れていく所存です。

  これから私が4代目の社長として90年、100年を目指していくにあたり、絶対に変わらないであろうと思う価値観があります。「人の成長が嬉しい」という思いです。今までできなかったことができるようになったとき、分からなかったことが分かるようになったとき、思わずにんまりした経験が誰しもあるのではないでしょうか。良い仕事ができたと感じたとき、お客様が喜んでくださったとき、自分の内側から込み上げてくる満足感を感じたことがあるのではないでしょうか。私はそういう喜びが溢れる会社にしたいと考えています。「圧倒的に人が育つ会社」にしたいと考えています。自分が成長するためには自分自身が努力しなければならないのは当然なのですが、周囲の支援があったほうがより力強く成長することができます。ベテランは温かい気持ちで若手を育てる。若手は育ててもらった恩を次の世代に返していく。自分の得意なことをどんどん伸ばし、それを同僚に惜しみなく教える。教えてもらった人は、その感謝を別の同僚に返す。そうやって恩と感謝の連鎖を生み出していくことが、新たな令和の時代を歩んでいく原動力になるはずです。

  これから先、テクノロジーの進歩が止まることはなく、世界の変化はますます加速していくのでしょう。そしてその度ごとに「価値ある“もの”」の意味も変わっていくのでしょう。しかしどんなに時代が流れても、価値を感じるのは“ひと”であり、その“ひと”に対して価値を提供できるのも“ひと”なのだと思います。当社が未来を描き、成長し続ける組織である限り、社会にとって「価値ある“もの”」を提供し続けることができると信じています。関係する全ての方と共に未来を描き、「価値あるものづくり」に挑戦し続けます。

田中化工機工業 株式会社
代表取締役社長 田中 充成

経営理念

1.お客様第一に徹し、「信頼と技術」で価値ある物づくりに挑戦しよう

2.「人」を大切にする企業経営を目指そう

3.進取の気性と改革の意欲を旺盛にしよう

4.倫理観を持とう

5.論理的思考を心掛けよう

安全衛生管理方針

1.基本方針
  田中化工機工業は、安全衛生の確保を会社経営の最重要課題の一つと位置づけ、人間尊重の理念に
  立った全員参加の安全衛生活動を推進する。
2.活動方針
(1)関係法令・業務標準の遵守、過去の災害事例の事前検証などを実施し、決めたこと、決められ
       たことを確実に守り、先取り安全を推進する。
(2)安全三則「①確認②基本動作③相互注意」を遵守する。
(3)当社の安全衛生三大活動「①安全衛生委員会②安全衛生会議③安全パトロール」を確実に推進
       し、社員・協力社員一人ひとりの安全衛生管理レベルの向上を図る。

品質管理方針

1.基本方針
  当社は、品質管理への取り組みを経営の最重要課題の一つと位置づけ、事業活動のあらゆる面で品質
  向上、技術の研鑚に努めるとともに、『お客様第一に徹し、価値ある 物づくりに挑戦』する。
2.活動方針
(1)①『品質管理マニュアル』②『各種規定』③『業務標準』を制定し、顧客の要求を満たすととも
       に、法規制等を遺漏なく遵守する『品質管理システム』 を確立し、その維持管理に努める。
(2)品質管理への取り組みを加速推進するため、『品質管理委員会』と『内部監査組織』を設置し、
       日常的な活動を通して、『品質管理システム』の教育・啓蒙、全社への 周知徹底・浸透、及び継
       続的な改善に努める。
(3)『品質管理方針』の制定と『品質目標』の設定を行い、全社を挙げてこれらの達成に努める。