ホーム > 事業紹介 > 生産設備/機械設計・製作 > Busbarアッシー装置

Busbarアッシー装置

本装置は、自動車部品にバスバーを取り付ける装置です。
本装置は、音声、ブザー、タッチパネルの表示により作業者へわかりやすく装置の異常や製品の仕損を伝える機能を持っているため、熟練の作業者はもちろん初めて本装置に触れる作業者にも大変扱いやすい装置となっております。また、作業者の安全性を考慮したエリアセンサー、緊急停止ボタン及び操作性のよいタッチパネル、打点打ち忘れ防止センサーを備えているため、安全、確実に作業が行えます。
本装置の主な特徴は次の4点です。

1.音声・ブザー・タッチパネルの表示による作業者へのアナウンス

本装置は、音声、ブザー、タッチパネルの表示により作業者へわかりやすく装置の異常や製品の仕損を伝えます。これにより、熟練作業者はもちろん初めて本装置に触れる作業者であっても大変扱いやすい装置となっております。
※音声アナウンス例
・起動時
・工程飛ばしがあった場合
・必要なケーブルやエアーが接続されていない場合
・設定生産数量到達時

(左写真は、異常を知らせるタッチパネル画面です。)

2.安全・安心のエリアセンサー

作業エリアにエリアセンサーを配備しているので、作業者が作動中に誤って作業エリアに手を入れる等した場合でも自動的に装置が停止します。

また、緊急時に確実に装置を停止させるための緊急停止ボタンも配備しています。

3.ヒューマンエラーを防止する仕組み-2つの装置が連携、センサーによるチェック- 

1日に何百、何千もの部品を生産する現場ではついワークを必要な検査にかけ忘れるといったヒューマンエラーが起こりがちですが、本装置は、2つの装置が連携しているため、作業者が前工程の作業を終えなければ、次の工程での作業を行えま せん。これにより、工程を飛ばしてしまうミスを防ぎます。


また、本装置は部品の組立が正しく行われているか、打点を打ち忘れていないか等をセンサーにより検知します。異常があった場合は、アラームとタッチパネルにより作業者に伝えます。

4.現在生産中の部品に合ったプログラムを装置が自動で選択

本装置は、治具交換を補助する機能を持っているため、治具交換時に作業者が行うのは下治具を台に乗せてロックすることだけです。上治具の装着、現在生産中の部品に合ったプログラムの選択は装置が自動で行います。

仕様

※当社生産機械は完全受注生産になっておりますので仕様詳細はお客様のご要望により変更可能です。ぜひお気軽         にご相談ください。

設計 田中化工機工業株式会社
用途 自動車用部品製造(バスバーアッシー)
当社施工 構想・機械設計・電気設計・制御設計・製作